おもて内科糖尿病クリニック

お問い合わせはこちら
Tel.0436-52-8011
求人情報

おもて内科糖尿病クリニック

アクセス 電話アイコン電話する

アレルギー科

Allergy

Allergyアレルギー科

喘息

アレルギー科

気管支喘息とは、気管支(気道とも言います)の粘膜に慢性的に炎症が起きる結果、気管支の内腔が狭くなり、気管支が様々な刺激に対して過敏になる結果、咳や痰、呼吸困難などの症状が急に起き、繰り返す病気です。誘因・原因は様々ですが、わが国で最も多いのは、抗原となるタンパク質(アレルゲン)を吸入することで気管支にアレルギー・免疫反応が生じて発症するタイプです。この他に、小麦摂取後の運動や特定の薬剤を服用することで同様の症状を引き起こすことがあり、それぞれ運動誘発喘息、アスピリン喘息と呼ばれています。

スギ花粉の舌下免疫療法

人体には細菌やウイルスといった外敵が体内に入り込んだ際、それら外敵から体を守るために免疫という機能が備わっています。ところが、そのために働くはずの免疫機能が、何でもないアレルゲン物質を外敵と勘違いして起きるのが一般的に言われているアレルギー反応です。

この免疫機能の勘違いを正す治療方法がアレルゲン免疫療法であり、治療の原理として、免疫機能が外敵と判断しないくらいに微量のアレルゲン物質を体内に取り入れていきます。それを少しずつ増して、徐々に慣らすように取り入れることによってアレルギーの発生をおさえます。

※この治療は、指定認可を受けた医師のみ実施できます。当院院長は指定認可医師です。